自己破産Q&A

自己破産に関するネット上での口コミによる疑問と回答をQ&A形式にまとめてお伝えします。

 

Q:自己破産とはどういったものですか?
A:自己破産とは、債務整理の方法のなかでも最も重い手続きであり、裁判所に破産を申し立てて許可を受けることで成立します。自己破産が認められると、全ての債務が免除され、借金が全てなくなります。(ただし、公租公課は除く。)その代わり、一定以上の価値のある資産はすべて債権者に配当され、手元に残ることはありません。経済状況を一度ご破算にして、ゼロからやり直すための制度だといえるでしょう。

 

Q:どんな借金でも帳消しにできますか?ギャンブルで大きな借金があります。
A:自己破産では、ギャンブルや無駄遣い(贅沢なものを購入するために負った借金など)は
原則として免責不許可となり帳消しにすることはできません。ただし、借金のなかにギャンブルや浪費を理由としたものが一部あったとしても、自己破産の許可が出る可能性がないわけではありません。そういった判断は個別の状況によって大きく変わりますので、可能性については弁護士等の専門家に相談すると良いでしょう。

 

Q:ギャンブルや浪費による借金がなければ、必ず自己破産できますか?
A:いいえ。自己破産ができない=免責許可が下りない理由は、ギャンブルや浪費が理由の借金の存在だけではありません。過去7年以内に自己破産したことがある場合、返済が不可能であることを知りながら借金を重ねた場合、財産隠しをした場合、一部の債権者(親族等)にのみ返済を行った場合。こういった背信的行為を行った場合には裁判所の判断により自己破産ができなくなる可能性が高くなります。

 

Q:自己破産をした場合、自宅は手放さなければなりませんか?
A:はい。自己破産をする場合には、必要最低限生活に必要な身の回りのもの、20万円以下の預貯金といったもの以外は債権者(借金の貸し主)に引き渡されることになります。自宅を所有している場合は、破産管財人によって任意売却されたり、競売にかけられることになります。自宅を手放したくない場合は、自己破産ではなく個人再生や特定調停などの他の債務整理の方法を利用することが必要です。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら