過払い請求のデメリットPart1

 過払い請求のデメリットとは?

 

過払い請求をすることによって、上限金利以上の利率で払っていたお金が戻ってくるというメリットがあるのですが、過払い請求を行うことによるデメリットもないわけではありません。
ここでは、過払い請求をすることによるデメリットについてご説明します。

 

 過払い請求の具体的なデメリットにはどのようなものが存在するか?

 

過払い請求のデメリットには、以下のようなものが存在します。

 

@過払い請求をするタイミングによっては、ブラックリスト状態になってしまう場合がある。
グレーゾーン金利での契約による借金を完済した後に過払い請求を行ってもブラックリスト状態(個人信用情報機関に傷が付く)になることはありませんが、借金が残っている状態で、かつ弁護士等に債務整理を依頼した場合に受任通知が行われると、その時点でブラックリスト状態になってしまいます。
このような可能性がある場合でも、解決法はあります。受任通知がブラックリスト状態の引き金になるので、弁護士等に依頼をする前に、自分の手で過払いの可能性がある債権者(キャッシング・カードローン会社など)に対して取引履歴を請求しましょう。
この行為自体はブラックリストに影響を及ぼさないので、その取引履歴を見て、過払い金が戻ってくるのかどうかを判断してから、実際に請求するかどうかを決めれば良いでしょう。

 

Aブラックリスト状態にならなくても、過払い請求を行った債権者(キャッシング・カードローン会社など)からは、今後借入を拒否される場合がある。
これは適切な行為とは思えませんが、過払い請求を行った金融業者からはその後の借入を拒否される場合が多いようです。キャッシングなどを契約する際の審査にはそれぞれの会社の裁量の余地があるので、本来グレーゾーン金利という法の抜け道を使っていた落ち度があるにもかかわらず、そういった行為をする会社があるということです。
ただし、拒否される可能性が高いのは過払い請求を行った会社だけですので、もしも必要性があるのであれば別の会社と契約をすれば良いことになります。

 

B過払い請求はグレーゾーン金利による契約で借りていた借金の完済後10年までしか請求することができない。
過払い請求はいつまでもできるという訳ではなく、該当する契約による借金を完済してから10年以上経過してしまうと、過払い請求ができなくなってしまいます。
このような時間の制限があるので、もしも過払い請求の可能性がある方は、今すぐにその可能性を確認することを始めた方が良いでしょう。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら