過払い金請求の流れPart2

 過払い金請求の流れと概要とは?

 

過払い金請求の流れとは、簡潔にいえば借金に関する資料を収集した上で債権者(消費者金融等)と交渉するか、交渉が決裂した場合に訴訟するという流れになります。この一連の流れには、最短でも数ヶ月、訴訟まで発展すると1年近く時間がかかる場合もあります。
また、自分一人でやるのか、それとも弁護士や司法書士などの専門家に依頼するかによっても過払い金請求の流れの中で行うべき事項は大きく変わることになります。

 

 過払い金請求の流れを段階的に説明

 

過払い金請求の手続き的な流れは、次のようになります。

 

@弁護士等の専門家へ依頼するのか、自分で行うかを決定
以前は自分でも支障なくできたが、最近では弁護士等を介さない場合、十分な交渉ができない場合があります。このため、これから過払い金請求を行おうとする方は、少なくとも法律事務所等の無料相談を利用して、自分でやる場合と弁護士に依頼する場合のメリット・デメリットの確認はやっておいた方が良いでしょう。

 

A債権者(消費者金融等)に対して過去の借金に関する資料である取引履歴を請求
会社に対して、電話やメールなどの問い合わせ方法を用いてコンタクトをとり、資料を請求します。個人でやる場合でもここまでは順調にいける場合が多いので、ここまでは自分でやって、過払い金の有無を確定させた後に過払い金請求の流れを今後進めるかどうか、プロに依頼するかどうかを決めるという方法もあります。

 

B過払い金返還請求書の送付
書面に残る形で、正式に過払い金請求を申し入れます。

 

C債権者側との交渉
取引履歴等の資料から、過払い金が発生する事実を手掛かりとして返還するよう求めていきます。ただし、相手が弁護士ではなく個人である場合には訴訟を嫌うだろうという打算から、交渉自体を避けたり、本来返金すべき金額以下での和解を提示したりする場合があります。その和解に応じた場合、それ以降は残額を請求する権利は失われますので注意が必要です・

 

D過払い金返還訴訟
交渉でこちらの求める返還がなされない場合は、訴訟という法的手続きに移行します。これ以降、訴状の提出や答弁書のやりとりや裁判を行い、裁判官の判決を受けます。判決について上告がなされない場合は判決に基づいて過払い金が返還されます。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら