個人再生後の過払い金返還請求

個人再生は裁判所に個人再生計画を提出し、それが認められれば借金の80%を削減できるという非常に重みのある債務整理手続きです。ですので、その決定自体はとても重要なものなのですが、個人再生後でも過払い金返還請求をすることは可能です。

 

 個人再生後の過払い金請求は可能だが100%できるという訳ではない

 

先ほど、個人再生手続きが終了した後に過払い金の存在が発覚した際には過払い金返還請求が可能とお伝えしました。これは、実際に過去に例があったことです。その際、過払い金を返還する側である貸金業者は個人再生手続き後の過払い金請求は不当だとして裁判になりました。

 

この時の貸金業者の主張にも一理はあると思えます。というのも、貸金業者は債務者が個人再生をした時点で、本来100%分の債務を回収できるところを、20%に圧縮されてしまっているのです。逆に、債務者は80%分の債務の放棄の恩恵を受けているという状態。

 

そのような状況が確定した後に、さらに過去の過払い金が判明したのでその分を返還しろと求められた貸金業者としてはおそらく20%分さえ残らずマイナスになってしまった可能性もあります。そのような状況では、裁判に訴えるのも無理からぬように感じます。この時の貸金業者の主張は「債務者は返済義務を果たしていないにもかかわらず、過払い金についての権利は強く主張していてこれは権利の濫用にあたる」というものでした。

 

この時の裁判所の決定は貸金業者の訴えを退け、返還請求は正当であるとしました。この判決だけを切り取ると、それほど大きな判定ではないようにも感じます。ですが、個人再生決定前の過払い金判明と、個人再生決定後の過払い金請求の関係から、債務者に有利であるように思われる部分があります。

 

 個人再生決定前に過払い金が判明した場合、減額できる債務の額が減少する可能性がある。

 

もしも、個人再生が決定する前に多額の過払い金が判明した場合、それは財産と見なされます。例えば、1000万円の借金が払いきれずに個人再生をする場合、800万円の債務が減免され、返済額は200万円となります。この時、もしも過払い金400万円が発覚していたらどうなるでしょうか?

 

この場合、400万円が財産とみなされ、個人再生後の返済額は400万円となります。債務者側は200万円をより多く支払わなければならず、過払い金発覚は損だということになります。

 

しかし、発覚が個人再生決定後であれば、支払い義務は200万円のままで400万円を請求できるため、差し引き200万円が手元にのこることに。

 

実際には、この一例と同じ金額であったなら判決は変わっていたかも知れません。あまりにも債務者に有利すぎるからです。いずれにせよ、個人再生における過払い金の存在というものは大きな影響があるということに間違いはありません。

 

もしもあなたが個人再生をする際に過払い金の可能性がある場合は、どのように処置するのかを一度弁護士等の専門家に相談することが望ましいといえるでしょう。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら