自分一人で個人再生することは可能か?

 自分一人で個人再生することは可能なのでしょうか?

 

債務整理の中でも、個人再生は債務整理で減額できる金額が大きく、住宅等の財産も残すことができるという大きなメリットがあります。この個人再生手続きは弁護士等に依頼をしなくても自分一人で行うことは可能となっています。
ですが、可能であるとはいっても非常に複雑な手続きの段階を踏んでいかなければなりません。
その個人再生を自分一人でやることが妥当なのかどうかについて考えてみたいと思います。

 

 自分一人で個人再生をすることの実現可能性はどれくらいあるのでしょうか?

 

個人再生の手続き自体は、簡単に言えば裁判所に申立てを行い、必要な資料を集め、裁判所に提出する資料を作成し、最終的に個人再生計画を作成・提出して裁判所の判断をあおぐという形となっています。

 

このように述べると、スムーズに進みそうだと思われるかも知れませんが、実はかなり困難な道筋を辿ります。
個人再生の手続きに必要な期間が一般的には3ヶ月〜半年程度あり、その間資料の収集や提出書類の作成に負われるということを考えると、その困難性を感じるようになるでしょう。
長期間にわたって、普段の仕事や生活を続けながら、こういった準備をすることは体力的にも時間的にも大きな制約となるからです。

 

また、もしも自分一人で個人再生を進めると考える場合には、裁判所に赴いてその手続きについて問い合わせることが第一歩となるでしょう。
ですが、裁判所の立場から見ても個人再生の手続きは難しいものであり、そもそも個人再生手続きを成功させるという目的を鑑みて、自分一人でやるのではなく、弁護士等への依頼を検討することを勧められる場合が多いようです。

 

個人再生は手続きの間に書類を淡々と用意すれば完了するというものではなく、途中まで進めたが頓挫してしまったり、最後の裁判所の判断で認可が得られなくなってしまうというリスクが存在します。

 

 債務整理の中でもハードルの高い個人再生は弁護士等の助力を得るのが無難

 

これまでご説明したように、個人再生は債務の削減という観点では非常に優れた制度なのですが、簡単にクリアできる手続きではありません。
これが成功するかによって、数百万円、場合によっては数千万円の負担が左右されうる重要な手続きとなります。

 

また、個人再生の必要性に迫られている時点で、生活もかなり逼迫しているという状況にある方も多いため、失敗は許されないという思いもあるでしょう。
そういったことを総合的に判断すると、個人再生は自分一人で行うことは可能ではあるが、弁護士等のサポートを受ける方が望ましい手続きであるといえます。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら