個人再生では通勤用の車を残すことができるのか?

 個人再生では通勤用の車を残すことはできるのか?

 

借金が大きく膨らんでしまったため、個人再生を利用したいが通勤用の車を残すことができるのか?と不安に思っている方もおられると思います。

 

個人再生を行った際に通勤用の車を残すことはできるのかという情報についてまとめ、その解決方法についてご紹介したいと思います。

 

 個人再生で通勤用の車を残すための方法と可能性

 

個人再生で問題になるのは、通勤用の車のローンを支払い中である場合です。すでにローンを支払い終えている車の場合は手元に残すことは可能。もしも通勤用の車を確実に手元に残したい場合は個人再生前に車のローンを完了させるようにしましょう。

 

しかし、そもそもお金がなくて個人再生をするのですから、そうそう都合良く手続き前に車を一括返済できる資金を準備することができる方は多くありません。

 

基本的に、車のローンの残額が1回分であっても残っていれば、抵当権がローン会社にある場合がほとんどですので個人再生と同時に車はローン会社のものとなってしまいます。しかし、事前に一括返済ができなくても、2つの方法によって車を残すことができる可能性があります。

 

 個人再生でもローン中の通勤用車を残す2つの方法

 

個人再生を行う際にローン支払い中でも車を手元に残す方法として、別除権協定と担保権消滅許可申請という2つの手段があります。

 

別除権協定とは、車のローン会社と話し合って今後の支払いを約束することで、別除権(車を引き上げる権利のこと)を行使しないように合意することで有効となります。ただし、多くの場合ローン会社はこの協定に合意してくれません。ローン会社側としては合意を結ぶメリットがほぼないからです。ただし、あと数回で支払いが終わるような状況などでは応じてくれる場合もありますので、挑戦する価値はあります。

 

もう一方の担保権消滅許可申請とは、裁判所に申請をして認められた場合に対象となる車の価額を一括支払いにて支払うことによって車を残すことができるというもの。ただし、条件として価額の一括支払いだけでなく車が通勤用として必要不可欠であることを裁判所に認めてもらう必要があります。

 

担保権消滅許可申請をした場合、通勤用の車のについて地域性や個人毎の必要性などを考慮して裁判官が判断しますので、事前に残せるかどうかは分かりません。いずれにせよ、個人再生を行う場合、例え通勤用車であってもローンのある車を手元に残すことは難しいと考えるざるをえないようです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら