個人再生のメリット

 個人再生のメリットとは?

 

個人再生とは、裁判所を通じて債務を整理する手続きであり、債務の総額5分の1程度、借金の額によってはそれ以上(総額の場合もあり)に減額され、その後5年以内に返済するというものです。
この個人再生は、過大な借金を背負ってしまった場合でも自己破産よりも有利な点があったりと大きなメリットが存在します。
ここでは、個人再生のメリットについて詳しく説明します。

 

 個人再生を選ぶことによって得られるメリット

 

個人再生を行うことによって得られるメリットには、次のようなものがあります。

 

@借金が大幅に減額され、無理なく返済できるようになる可能性が高まる。
原則として個人再生が認められると借金を5分の1や10分の1程度にまで減額することができるようになります。そして、減額された借金は3年間での分割(場合によっては5年間)で支払っていくことになるのです。
個人再生をする前の借金総額は金利負担だけで収入が無くなるような状態でも、個人再生を行うことで解決できる可能性が非常に高くなります。

 

A自宅や車などの財産を手放さずに済む場合もある。
借金の削減効果が非常に大きい制度ですが、自己破産とは異なり、全ての財産を必ずしも手放す必要はありません。ですので、自宅や車など生活に必要なものを手元に残すことも不可能ではありません。

 

B個人再生で整理する借金の理由は問われない。
個人再生では、債務整理を行う借金の理由を問われることがありません。例えば、ギャンブルなどによる借財は自己破産の免責となってしまいますが、そういった制限がありませんので、自己破産できない場合の救済策にもなり得るのです。

 

C自己破産の場合に課せられる職業制限が存在しない。
個人再生を行った場合には官報への掲載などのいくつかの事項が課せられるのですが、自己破産をした場合に存在する職業制限がありません。
ですので、自己破産をした場合と比較して、債務整理後の生活の再建がより容易にできる可能性が高まるということになります。

 

 個人再生は自己破産と任意整理のメリット双方が存在する

 

さきほどご紹介したように、個人再生は自己破産のように完全とはいかないまでのかなりの額の借金を減らすことができるとともに、任意整理のように自宅などを手元に残すことができるメリットも存在します。
このような仕組みですので、任意整理をしても支払いの見通しの立たないレベルの借財がある状態であっても、債務整理後に自宅などを手放したくないというような状況においても選ぶことによって解決を目指すことができるのです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら