個人再生と滞納家賃、電気水道は?

 少なくとも個人再生をすれば止まることはない

 

電気や水道、ガスなどの最低限のライフラインは、個人再生や自己破産をしても停止することはありません。少なくとも、手続きを開始した後からしっかり支払いをすれば個人再生を理由に止められるということはないわけです。
ただし、ずっと料金を支払っていなかった場合などは事情を説明して復活させてもらいましょう。もちろん料金を支払っていく必要はあります。
個人再生の手続きの前に滞納していた水道費や電気代についてですが、民法で定められた「先取特権」が採用されます。
これは、債務者の財産について他の債権者よりも先に自分の返済を受けることのできる債権のことを言うそうです。
つまり、手続き前の料金については水道会社側に権利があるので支払う必要があるということです。個人再生を理由に停止することはありませんが、個人再生前の支払いの滞りを理由に停止させられてしまうことはあるのです。

 

 住んでいる賃貸物件について

 

まず家賃の滞納等がない場合ですが、追い出されることはありません。そのまま住み続けることが可能です。
そして、再生手続き決定後は、家賃の支払いは水道光熱費と同様、「共益債権」という扱いになりますので、個人再生に関係なく随時弁済することが可能です。
問題は個人再生の手続き前に滞納していた場合です。個人再生をするくらいですので経済上の理由で滞納してしまったのかもしれませんが、個人再生の開始前の場合融通はききません。
とくに水道や電気などのライフラインとも違うので、減額を申し出ても聞いてもらえず、更には追い出される可能性もあります。
これはもうそこまでの状況になってしまったということで諦めるという選択肢もあります。本来家賃は支払わなければいけないものですから、できることなら支払えなくなる前に個人再生をするべきだったのです。

 

最大の解決策は、家族や友人、親族などにお願いすることです。
どうしてもその賃貸物件に住み続けたい場合は、なんとかお願いしてみましょう。
個人再生の開始前であれば、自分で弁済することも法律上は可能ですが、あまりオススメはしません。弁護士に依頼した後なら素直に相談するのがベストです。
家賃の問題を解決しないことには、真っ新な状態になったとは言えませんからね。そこはもう頭を下げて支払ってもらいましょう。
このように、個人再生は少しややこしい部分があるので、早めに弁護士に相談し、早めに解決するのが一番です。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら