無職での債務整理

 借金の理由の一番が退職

 

借金の理由。人それぞれあるかと思いますが、理由として一番多いのは、「会社を退職した」ことによる借金だそうです。
退職する理由も人それぞれですし一概には言えませんが、やはり無職になってしまうと生活が立ち行かなくなってしまう人は多いみたいですね。
そんな中、無職のまま借金が膨らんでいってしまい、返済が難しくなってしまった。そういった事態も考えられます。
仕事をしてから借金を返していくというのが普通ですが、もし現状で返済が滞っているのであれば、早めに債務整理を検討していきましょう。
無職の場合は尚更どんどん借金がかさんでいってしまう可能性が高くなります。

 

 無職での債務整理

 

債務整理の中でも自己破産であれば、無職でも債務整理することが可能です。
ただ、任意整理や個人再生の場合は無職では厳しいです。厳しい、というよりはやめておいた方がいいという言い方が正しいかもしれません。
任意整理や個人再生は少なからず負担金が発生するので、無職ではその後が困ってしまいます。また、自己破産であっても弁護士費用などはかかりますし、全くお金がない状態では正直厳しいと言わざるを得ません。
それなら放置しておくしかないの?と思うかもしれませんが、それもオススメできません。
無職であっても、定職について早めに債務整理の相談はしておくべきで、手遅れになった後だと選択肢も狭くなってしまいます。

 

 早めに仕事に就くことが大切です

 

無職で借金が増えて厳しい状況になっている。債務整理が必要かも。
そんなときは、何よりも早めに仕事に就きましょう。債務整理するにしろしないにしろ、何かしらの仕事をしていないと身動きが取れなくなってしまう可能性が高いです。
アルバイトでも派遣でも、何かしらの仕事に就けば、任意整理してゆっくり返済していくなどのアクションを起こすことができます。
早めに仕事に就くことが、借金問題の解決にはとても大切なことで、近道でもあるということを覚えておきましょう。

 

また、無職で借金がかさんでしまったけど病気などの事情があり働くことができないという場合、行政の支援を受けられるように早めに相談しましょう。
借金の問題は一人で悩んでいてもなかなか解決できないということが問題です。仕事をしていなくて無職だという人は後ろめたい気持ちがあるかもしれませんが、何かしらのアクションはしないと状況が悪化してしまいますよ。
無職であっても弁護士事務所に相談に行くことはできるので、早めに動いていきましょう。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら