任意整理のデメリット

 メリットの多い任意整理にもデメリットが存在する。

 

債務整理の中でも、任意整理には返済金額を減額できたり、金利の停止、そして任意整理の事実を周囲に知られないというメリットがあります。ですが、良いことばかりではなく、デメリットも存在します。

 

 任意整理のデメリットとは?

 

任意整理のデメリットには、次のようなものがあります。

 

@裁判所が介入するわけではないため、債権者(キャッシング会社・ローン会社など)との交渉次第で結果が変わる可能性がある。また、必ずしも交渉ができるというわけではなく、近年では任意整理に応じない債権者が増えつつある。
任意整理は自己破産や個人再生と異なり、裁判所が介入して手続きを行う債務整理の方法ではありません。あくまで、債権者(キャッシング会社・ローン会社など)と債務者(借金を負っている者)との間での話し合いによる合意を目指すものです。
ですので、債務が減額されることを嫌う債権者の場合には、より厳しい条件でないと任意整理に応じない場合があります。
また、近年任意整理の利用者が増加していることもあり、任意整理の交渉自体を拒否する債権者も現れるようになりました。任意整理は裁判所が介入しないので、債権者が交渉に応じるかどうかは自由なのです。

 

A任意整理後の借金の支払期間が最長で5年と決まっている。
任意整理が合意に至った場合でも、残債は5年以内に支払う必要があります。逆にいうと、5年以内に完済できると見込まれる金額以上の借金を負っている場合は任意整理を行うことは難しいということになります。

 

Bいわゆる「ブラックリスト」化するため、長期間新規の借入ができなくなる。
任意整理を行うと、個人信用情報に記載されるため、これらを利用できる債権者(キャッシング会社・ローン会社など)から借入を行うことができなくなります。

 

C他の債務整理の方法と比較すると、債務の減少効果は最も小さい。
任意整理は自己破産のように借金が全て帳消しになるということはなく、あくまで返済可能となる金額までの減額を目指すものとなっています。

 

D安定収入が無い場合には利用できない。
任意整理を行う前提条件として、減額後の債務を確実に支払っていくための安定的な収入減がなければなりません。収入が不安定な方や、無職の場合には任意整理は利用することができないと考えた方が良いかも知れません。

 

 デメリットがあっても、任意整理のメリットは捨てがたい。

 

このように、任意整理にはいくつかのデメリットが存在します。けれども、他の債務整理にはない大きなメリットも存在しますので、順番的には任意性の可能性を追求してみることが望ましいといえるでしょう。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら