任意整理の延滞は弁護士に辞任されてしまう?

任意整理した後に決まった金額の支払いは、絶対に遅れないようにするべきです。
ただもしもその支払いが延滞してしまった場合、どうなってしまうのでしょうか。
今回は、弁護士の辞任についてお伝えしていきます。

 

 2回以上の延滞はNGです

 

弁護士の本来の仕事は、任意整理での和解契約を締結するところで終了です。しかし、最近の弁護士事務所はアフターフォローサービスで相談を聞いてもらえたり、返済を代行してくれるところもあるのです。
任意整理する人は複数社から借金をしていることが多く、毎月毎月別々のところに振り込むのは面倒ですよね。その振り込みを一任できるのも、返済代行の強味です。ただその場合は手数料がかかるのは注意して下さい。
このようにアフターフォローサービスがあるようなところでも、返済が遅れたときに代わりに支払ってもらえるといったことはありえません。
返済が滞ってしまうと任意整理で決めたとおりの金額にならないため、弁護士事務所としても本人としても大きな損害です。
2回以上の延滞で弁護士に辞任されてしまうので注意しましょう。

 

 もし万が一2回以上延滞してしまったら

 

どう考えても得は一切ないので、任意整理後は延滞しないようにすることが基本となります。
ただ、もし万が一延滞を続けて弁護士に辞任されてしまったら、早急に手を打つ必要があります。

 

まずどうなってしまうかについてですが、任意整理の場合は即強制執行にはなりません。ただ、放置しておくと、簡易裁判所への裁判を起こされ、その流れで強制執行で財産の没収などが考えられます。
そうなってしまう前に、一つの手として、別の弁護士に債務整理をお願いするという手があります。ただし、2回目の任意整理は応じてもらえるケースが少ないです。そうなると自己破産が選択肢としては有力になります。弁護士費用も2重に払うわけですし、かなりの痛手であることは間違いないですね。

 

次の方法としては、自分で債権者と交渉してみることです。交渉が難航することは必至ですが、債権者によっては意外にすんなりと話しを聞いてくれることもあります。
その場合は素直に支払えないことを謝り、どういう理由があるのかと今後どうやって支払っていくかは明確に伝えましょう。
誠心誠意交渉していくことが大切になりますよ。

 

どちらにしろ良いことは何一つないですし、せっかく弁護士に依頼したことが無駄になってしまうので、まずはこうならないようにしっかりと支払い期日は守るということが大切です。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら