任意整理はいくらからできるのか

 決まった金額はない?

 

よく借金は100万円を超えたら任意整理した方がいいという噂を耳にします。
ですが、任意整理に決まった金額はとくにありません。10万円でも100万円でも、1000万円でも任意整理することは可能です。
ただし、任意整理で和解した金額は3〜5年で支払わなければいけません。つまり、収入と照らし合わせて5年以内に返済できないようなら、任意整理は難しくなってくるということです。
自分の年収がいくらかわかれば計算できるので、自分の支払える額を60回でかけて計算してみましょう。
10万円程度の低い金額の場合は、利子の額もそこまで大きくないため、任意整理をするメリットはほとんどないということも覚えておきましょう。

 

 任意整理を検討すべき額

 

先ほどお伝えしたように、借金がいくらあったら任意整理したほうがいいという基準はありません。そうなるとどうなった場合に任意整理したらいいのか疑問がでてきます。
答えは単純に、返済していくことが難しくなったらです。返済していくことが難しいような状況なら任意整理した方がいいですし、厳しい状況なら早めに対応していくことは大切です。
また、別の記事にも書きましたが、取引歴が長い場合は、過払い金の請求ができるというメリットがあります。
利息がネックになっている場合は、ゆっくりと返済していけるので、自分の収入と照らし合わせて考えてみましょう。

 

 もし3〜5年で返済していけない場合は?

 

任意整理できるかできないかに関わってくるのは、なんといっても3〜5年で返済していけるかどうかです。
返済していけるのであれば例え1万円の借金であっても理論上は任意整理が可能です。もちろんそんな人はいないはずですが。
ですので、弁護士事務所に行く前に軽く自分で計算してみるのも手です。利息を考えなかった場合月々いくら返済していけばいいのかと。

 

そして、3〜5年で返済していけないという結論になったときの選択肢ですが、任意整理以外の債務整理をおこなっていく必要がでてきます。
具体的には個人再生か自己破産です。一番は任意整理することですが、もし借金が膨らみ過ぎて5年かけての返済も厳しい場合、弁護士に相談して自己破産などの手続きをしていきましょう。自己破産についても金額の縛りがないので、本当に自己破産でいいのかなど弁護士に相談するのがベストです。
収入が低い場合などは、弁護士の人も自己破産を薦めてくることがほとんどです。返済できないのに任意整理にするメリットがないですからね。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら