任意整理にかかる期間はどれくらい?

 任意整理なら時間はかからない

 

借金を整理すると精神的に楽になります。任意整理は時間がかからないのが特徴ですが、それでも最短で3ヵ月程度はみておくようにしましょう。
任意整理は裁判がない分手続きも簡易でスムーズにいくことが多いですが、弁護士と債権者が直接交渉する形なので、期間にばらつきがあります。
絶対に減額には応じないという強気な会社と交渉する場合は半年以上はかかるそうです。待っている間は不安になるかもしれませんが、焦っても仕方がないので、弁護士に全て任せるという姿勢でいましょう。

 

 任意整理成立までの流れ

 

裁判が必要ない任意整理は、その分スケジュールはしっかりと決まっていません。流れに沿って任意整理まで弁護士が慎重に進めていってくれます。
相談する側の動きとしてはどういう流れになるのか、簡単に知っておきましょう。

 

  1. 初回相談
  2. まずは弁護士に相談です。電話やネットで受付してもらえるので安心できそうな弁護士事務所を選びましょう。この時点ではまだ任意整理にするかどうか迷っている段階でも構いません。
    当サイトでも紹介しているので参考にしてみて下さい。

     

  3. 依頼
  4. 弁護士に正式に任意整理を依頼することを決定します。担当の弁護士と委任契約を結んで、自分の代わりに交渉してくれるようお願いすることができます。

     

  5. 受任通知
  6. 委任契約を締結すると、担当の弁護士が債権者に受任通知を送ります。これにより債権者があなたに請求するのを止めさせる効果があります。要するに一旦借金の返済はストップするわけです。当然取り立ての電話などもなくなります。ここからは依頼者であるあなたがやることはほぼ無くなります。

     

  7. 債権調査
  8. 弁護士が債権者であるカード会社に過去の履歴の開示請求をします。開示されたデータを見て金額等が決まってくるわけです。開示請求を渋る債権者の場合はここに時間がかかることもあります。

     

  9. 利息の引き直し
  10. 債権者から取引履歴が届いたら、法定外利息を細かくチェックします。もしあった場合は過払い金となり、借金と相殺できる可能性があります。法定外利息以外にも、過去の履歴を見て弁護士が交渉に備えてくれるわけです。この調査と引き直しにけっこう時間がかかるわけです。長いときはここまで6ヵ月かかります。

     

  11. 和解交渉
  12. ここからがある意味本番ですが、ここまできたら債権者の方も任意整理に向けて比較的寛容な姿勢になっています。基本的には3〜5年の長期分割払いで月々の支払額を減らしてもらえるよう交渉してくれます。利息や遅延損害金の部分も免除してくれるよう交渉してくれるわけです。

     

  13. 和解成立
  14. 借り入れ件数が多い場合は交渉を何社ともしていくので、全ての会社との交渉が終わって初めて和解成立となります。依頼してからここまで弁護士事務所から連絡がない場合も多いです。そのせいか依頼した本人としてはとても不安になりますが、しっかりと交渉してくれているので安心して待っていましょう。

     

  15. 支払い開始
  16. 和解が成立したら後は残りの借金を支払っていくだけです。通常は和解契約成立から2週間後が支払い日になるそうです。何社かあったとしても、支払いは全て同時に始まります。

 

とこんな形になります。複雑なように感じるかもしれませんが、弁護士に頼めば自分は待っているだけの形になるので楽です。任意整理できた後はしっかり支払って安定した生活を送れるようにしていきましょう。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら