任意整理の流れ

 任意整理を行う場合の流れとは?

 

債務整理の手続きとは、債権者と債務者が交渉をして和解の合意を目指すというものです。今回は、この任意整理を行う場合の手続きの流れについてご紹介します。

 

 任意整理を行う場合の具体的な手順

 

任意整理は以下のような流れで進めていきます。

 

@弁護士・司法書士への相談・契約
A債権者に対する受任通知の送付
B借財状況の確認のための履歴の請求
C利息制限法による金利の引き直し計算
D実際に任意整理を行うかどうかの方針決定
E債権者との交渉
F和解契約書の締結

 

それぞれ具体的に確認していきましょう。

 

@弁護士・司法書士への相談・契約
債務整理、つまり払いきれない借金の問題解決の専門家は弁護士または司法書士です。主には弁護士が担当することになるでしょう。弁護士と司法書士の違いとしては、司法書士は任意整理の金額の範囲が140万円未満と制約があることなどがあります。ただし、弁護士に依頼するよりも報酬が安くなるというメリットもありますので、借金の金額が大きくなければ司法書士に相談するのも良いでしょう。
いくつかの弁護士や司法書士の無料相談を利用して、正式に利用する弁護士や司法書士を決めて契約をします。
弁護士や司法書士の依頼と聞くと、費用が心配になる方も多いと思いますが、そもそも任意整理をする場合にはお金が無いことが前提となりますので、心配はご無用です。
報酬については後払いの分割支払いができる弁護士事務所があるからです。そして、任意整理をした場合としなかった場合を比較すると、弁護士報酬を含めてもした方がトータルでの金額は低くなります。
弁護士や司法書士との契約が完了すれば、その後の手続きは彼らが着実に進めてくれます。

 

A債権者に対する受任通知の送付
弁護士や司法書士は、任意整理の委任契約を結んだあとには速やかに債権者(キャッシング会社・ローン会社など)に受任通知を発送します。この受任通知とは、債務者(借金を負っている側)が任意整理の意志を表するものであり、これが届いた場合には債権者は支払いの督促等の行為ができなくなります。
もしもあなたが債権者(キャッシング会社・ローン会社など)からの厳しい督促に疲れ果てているのなら、受任通知送付後にそれらが一切なくなることに驚かれるかもしれません。

 

B借財状況の確認のための履歴の請求
弁護士または司法書士が、あなたの借入状況を性格に把握するため、債権者(キャッシング会社・ローン会社など)から借入状況及び支払いの履歴に関する書類を請求して入手します。
これらを元に、さらにあなたからの聞き取りなどを行い、任意整理の対象となる借財の全体像を明らかにします。

 

C利息制限法による金利の引き直し計算
俗に言う過払い金の算出となります。貸金業規制法という法律が改正される以前には、利息制限法で定められた利率以上で金利が適用されているケースがありました。その場合、過去に支払っている分に遡って法定金利での支払額を計算し直すことになります。
特に長期間金利を払っていた方はこの引き直し計算によって借金の総額を圧縮できる可能性が高まります。

 

D実際に任意整理を行うかどうかの方針決定
債権者に対する履歴の請求や金利の引き直し計算によって借金の総額が判明したあとに、任意整理を行うかどうかを決める必要があります。
というのも、借金の総額によっては任意整理ができない場合があるからです。
任意整理は3〜5年で借金総額を返済する必要があります。もしもこの期間に払いきれない金額の借金があることが判明した場合には、任意整理を断念し、自己破産や個人再生を検討することになります。

 

E債権者との交渉
任意整理を行うことを決定した場合、契約をした弁護士や司法書士が任意整理の細部について債権者側と交渉を行います。この交渉によって将来利息のカットなど、借金の軽減について話し合われることになります。
これらは交渉なので、結果については弁護士などの実力と債権者側の意志次第となります。
ですので、任意整理を依頼するのはどの弁護士や司法書士でも良いということはなく、任意整理を得意とする事務所等に依頼することが望ましいのです。

 

F和解契約書の締結
任意整理の内容について合意が行われ、和解したならばその契約書を締結します。
そこでは、返済の総額や月々の返済額が決まります。多くの場合は、任意整理を請け負った弁護士があなたからの支払額を受け取り、そこから債権者にあらためて支払ってゆくという形になるでしょう。
当然ですが、任意整理の和解契約書で定められた支払いは確実に行う必要があります。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら