債務整理が失敗するケースについて

借金を整理する際の選択肢として、債務整理はとても有効な手段です。
ですが、中には失敗してしまう可能性もあるので、相談前に様々なケースについて知っておくといいでしょう。

 

今回は、債務整理が失敗するケースについてお伝えしていきます。

 

 債務整理をすると絶対に借金が減るのか

 

よく勘違いしている人がいますが、債務整理をすれば絶対に借金が減るわけではありません。
弁護士に頼んでも、頼む前に断られてしまうこともあれば、失敗してしまうこともあります。

 

大切なのは、自分の借金に合った整理方法をすることと、債務整理に強い、実績のある弁護士に依頼することです。

 

なにごとも100%ではないので、後悔しないためにも弁護士選びは慎重にいくべきなのです。

 

 具体的なパターン

 

基本的にうまくいかないと思われるときは、その場で断られます。ですので、相談無料のところでまず相談してみることが大切です。
相談無料のところであれば、断られても痛くも痒くもないですからね。

 

具体的なパターンについて説明していきます。

 

  • 任意整理が失敗するケースについて

債務整理の中でも任意整理は、借金がなくなるわけではなく、利息を止めて少しずつ支払っていく方式です。
ですので、少しずつでも支払っていけない場合は、弁護士から別の方法をすすめられることがあります。

 

また、任意整理は、弁護士が債権者との間に入って代わりに交渉してくれるものです。この交渉がうまくいかなかった場合には、当然失敗となります。
とはいえ、債務整理に慣れている弁護士であれば、この交渉もうまくやってくれるので、そんなに心配はいらないでしょう。

 

任意整理に失敗するケースとして多いのは、弁護士に隠し事をしていたときです。
経済状況や、借り入れについては包み隠さずに話しましょう。嘘をついて任意整理に失敗してしまったら、元も子もありません。

 

  • 個人再生が失敗してしまうパターンについて

個人再生は、借金を5分の1まで減額することができ、借金を5年程度で払っていく方法です。
一定の条件を満すことによって、住宅を手放さずに債務整理が可能です。
さて、この個人再生が失敗してしまうパターンで多いのが、裁判所に認められないケースです。再生計画案というものを提出するのですが、これが認められなければ個人再生は成立しません。
ですので、弁護士と一緒に正しい書類を作成していきましょう。

 

次に多い失敗パターンですが、計画通りに返済ができないパターンです。これは当たり前と言えば当たり前なのですが、個人再生は、再生計画通りに返済ができないと、取り消しになる可能性が高いです。

 

  • 自己破産について

自己破産はデメリットも多いため、失敗はないと思いがちですが、自己破産も失敗する可能性は十分にあります。
失敗しないよう、手続き前に弁護士さんとよく話し合っていきましょう。
一番多い失敗の理由としては、免責不許可事由に該当するケースです。つまり、ギャンブルなどの借金で自己破産が認められないパターンですね。

 

 信頼できる弁護士選びが大切

 

上記のように、債務整理も100%成立するわけではないので、自分に合った整理の方法を選択することと、信頼できる弁護士を選ぶことが大切です。
当サイトでは、無料で相談できる事務所などを紹介しているので、是非参考にしてみて下さいね。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

関連ページ

家族や職場にバレずに債務整理は可能か?
官報に名前が掲載されない債務整理はどれ?
債務整理のメリット
債務整理のデメリット
どの債務整理が最適か知るにはオンライン無料診断
債務整理が得意な弁護士・司法書士の選び方
債務整理では弁護士と司法書士で扱える範囲が異なる
債務整理費用の一般的な相場
債務整理するとブラックリストに登録される?
債務整理する前にクレジットカードの新規発行
債務整理をすると何年間お金を借りたりするのは難しいのか?
債務整理と連帯保証人への影響
債務整理と車のローンへの影響
債務整理と住宅ローンへの影響
債務整理と公正証書
債務整理と友人知人や親族の借金
債務整理の意味がなくなるおまとめローンにご注意
NPO法人や行政書士の債務整理にご注意
引越しするなら債務整理の前に
家族の信用情報を内緒で信用情報機関から取得できるのか?
債務整理後に自己破産する方が多い現実
債務整理後の生活について
つい最近の借金は債務整理できない
債務整理 ブラックリストに登録される情報
債務整理をしたら田舎暮らしがオススメ!?
債務整理は自動車ローンを組んでいてもできる
婚活のせいで債務整理することに
借金は即自己破産ではなく債務整理で
ギャンブルが原因でも債務整理できる?
生活保護の人でも債務整理できる?
債務整理は正当な権利で法律に守られている解決方法
債務整理をオススメできない人
債務整理 保証人と連帯保証人の違い
保証人でも債務整理する必要がある
家族に債務整理させる必要性
ギャンブル依存症と債務整理
債務整理したら住宅ローンには通らない?
債務整理後のローンには家族に協力してもらう方法がオススメ
旧姓名義での債務整理は可能?
債務整理には対面相談も無料のところがオススメ
債務整理の相談をしてはいけないダメな弁護士
債務整理後の子供の学費
奨学金の債務整理について
10代での債務整理
フリーターの債務整理
クレジットカード現金化の債務整理
パチンコやスロットの借金は任意整理で余裕がもてる
リボ払いでも債務整理は可能?
引っ越しのせいで債務整理することに
債務整理してもクレジットカードは残せる?
債務整理後の賃貸契約や更新について
カジノ法案と債務整理
闇金の借金も債務整理が可能なのか
株式投資やFX投資の借金も債務整理できる?
債務整理が家族にばれてしまうことについて
債務整理で貧乏脱出
債務整理と同時に身なりに気をつけるべき理由
債務整理をしていてもETCカードは作成できる
債務整理をせずに借金を返済する方法
債務整理後でもスマホを契約できる?
子供がいる場合の債務整理について
多重債務者と債務整理について
債務整理はいくらかかるものなのか?
債務整理すると周りにばれる?
債務整理の残額は一括返済できる!?
債務整理中に辞任通知がきたらどうする!?
債務整理における受任通知は取り立てに効果抜群!
債務整理はまず電話相談がオススメ
債務整理と踏み倒しは全くの別物なので注意!
債務整理の不安を解消するポイント
債務整理は無職でも可能!?
債務整理後に延滞するとどうなるの?
債務整理するとアパート契約できない?
債務整理の着手金
債務整理が事故情報に登録される期間について
債務整理のときに知っておくべき注意点について
債務整理をしたら貯金はできない!?
債務整理費用を分割払いできるか?
離婚するときに債務整理すると請求は両方にいく?
連帯保証人がいる借金を債務整理する際のポイント
債務整理と借金の一本化はどちらがお得!?
法人の債務整理について