街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

借金時効記事一覧

あなたが苦しんでいるその借金は、もしかしたら時効になっていませんか?実は、借金には時効が存在します。借金は、5年、もしくは10年の間放置されていた場合、時効を迎えて借金を取り立てる権利が消滅する場合があります。もちろん、単純に借り入れて5年、10年たてば謝金が帳消しになるだけでは時効になりません。その間、一度も返済について要求される事実がなく、また、借りている側が返済等を行っていないなどの条件があ...

借金は時効を迎えると返済義務がなくなります。これは、法律で定められていることですので、もし借金が時効になったら法的に支払う義務はなくなります。つまり借金がなくなるということです。今回は、借金が時効になるには何年が必要なのかということについて詳しく確認していきます。 借金の時効に関する法律上の規定借金の時効は5年もしくは10年であり、これは貸し主と借り手が個人なのか、それとも法律上の商人なのかによっ...

借金は時効によって消滅しますが、場合によっては時効を中断する手段もあり、時効のカウント開始時点から規定の時間が経過しても借金の時効にならないケースがあります。時効が中断する理由はいくつかありますが、貸し主が働きかけるものもあれば借り手によって時効の中断を発生させてしまう場合もあります。また、「時効の中断」と法的に表現されるのですが、明確には中断ではなくリセットになります。例えば後10日で時効を迎え...

借金には時効があり、5年もしくは10年の間に借金の時効を中断させるものがなければ、時効が成立します。ですがこれは自動的に借金がなくなるのではなく、時効期間が経過し、時効が成立下状態で「借金の時効の援用」を行わなければなりません。借金の時効の援用が行われてはじめて借金は消滅するのです。では、その借金の時効の援用方法とは一体どういったものなのかについて詳しくご説明します。 借金の時効の援用方法とは、内...