その借金、時効ではありませんか?

あなたが苦しんでいるその借金は、もしかしたら時効になっていませんか?実は、借金には時効が存在します。借金は、5年、もしくは10年の間放置されていた場合、時効を迎えて借金を取り立てる権利が消滅する場合があります。

 

もちろん、単純に借り入れて5年、10年たてば謝金が帳消しになるだけでは時効になりません。その間、一度も返済について要求される事実がなく、また、借りている側が返済等を行っていないなどの条件があります。

 

このため、キャッシング・カードローン会社など、比較的しっかりした貸し主の場合は、借金が時効を迎えるというケースはなかなか起こり得ません。また、正当な契約であるのならば道義的にも借金は返済すべきですね。

 

借金の時効によって無効となるのは、闇金などによって違法な手段で貸し付けられた借金であることが比較的多いです。こういった貸金業法に反する借金の場合や、違法な取り立てをする業者だった場合、逃れるために夜逃げをするという方もおられるかもしれません。

 

そのような状況で5年、10年と経過した後、ある日どこからか情報が漏れて法外な返済の請求を求められるということがありえます。こういったケースでは積極的に借金の時効を主張していくべきでしょう。

 

 注意したいのは、時間の経過のみで時効が成立しない場合があるということ

 

借金が時効で無効になるためには、消滅時効が成立している必要があります。この条件としては、あなたには連絡がいかなかったが法的措置がとられていた場合や、5年経過したと思っていたが正確には4年11ヶ月だったなど、記録や記憶のミスがあるケースも存在します。

 

もしもこういった状況で借金の時効を大々的に主張してしまった場合には、藪蛇を突つくような結果になってしまう恐れもあります。こういった状況を回避したい場合は、借金の時効が成立しているかどうかについて事前に専門家に確認をするという手段が有効です。

 

もちろんその場合でも知り得ない情報によって時効が阻止されている可能性はぬぐえませんが、法律の専門的知識のないあなたが独力で処理しようとするよりも成功確率は高まるでしょう。

 

時効が問われる借金というものは、不法な借金であるケースもあったり、元本以上をすでに返済しているようなものであることもありますので時効の可能性に心当たりがある場合には、まずは無料で利用できる法律相談などを利用することをおすすめします。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら