特定調停のメリット

 特定調停のメリットとは?

 

特定調停とは、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4種類ある債務整理の方法のひとつですが、そのメリットとはどういったところにあるでしょうか?
特定調停は任意整理に近い債務整理の方法でありながら、裁判所が介在するため制度的な安心感があるほか、弁護士等に依頼せずに済むため費用が非常に安く済むというのが最も大きなメリットです。

 

 特定調停の具体的なメリットは大きく分けて4つある。

 

さきほど大まかに特定調停のメリットをご紹介しましたが、より具体的には以下の4つが特定調停のメリットだといえます。

 

@手続きのための費用を低く抑えることができる。
ただでさえ借金が膨らんでいる状態ですので、弁護士への依頼費用(ばらつきはあるが数十万円単位)が必要ないということは金銭的には大きな負担減になります。

 

A特定調停を行っても自宅やマイカーなどの財産を残すことができる。
任意整理と同じように整理する借金、つまり債権者(キャッシング・カードローン会社など)を選ぶことができるので、住宅ローンや車のローンを特定調停での債務整理の対象から除外することによってそれらの財産を今後も残していくことができるようになります。

 

B特定調停のための調停委員が交渉を仲裁してくれる
裁判所は、債権者と債務者(借金を負って整理を行う者)を公平な視点で仲裁するために、調停委員が交渉の場を主導してくれます。
この特定調停の交渉については、債権者がもしも裁判所からの呼び出しに応じなかった場合、罰金刑が科せられますので、債権者のボイコットによる調停の失敗を避けることができるのです。

 

C強制執行を止めることができる。
もしも借金をする際に債務不履行時の強制執行を認める公正証書を作成していた場合でも、特定調停を行っている間は、裁判所の判断によりその執行を停止できるようになります。

 

 特定調停のメリットの大部分は裁判所の存在が大きい。

 

特定調停と似た債務整理の方法である任意整理では、裁判所は仲介を行うことはありませんので、弁護士などの法の専門家の強力が欠かせません。
その点、特定調停は法に基づいた強制力の部分を裁判所が担ってくれますので、そういった部分が個人にとっては非常に大きなバックアップとなります。
同じ法の庇護を受けるメリットがありますが、弁護士・司法書士へ依頼する場合と違い、裁判所には報酬を支払う必要がありません。
ですので、任意整理と特定調停のどちらかを選ぶという場合の決め手になるのは、経済的な理由であることが多くなります。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら