債務整理 ポケットカード

 ポケットカードからの借金は債務整理することができます

 

「P−oneカード」でお馴染みのポケットカード。ファミマTカードやZOZOカードなど提携発行している大手クレジットカードです。ポケットカードという名前は聞いたことがなくても、TカードやZOZOカードは持っているという方も多いでしょう。そのポケットカードの借金であっても債務整理することは可能です。ポケットカードの債務整理についてお伝えしていきます。

 

 ポケットカードからの借金を債務整理するメリット

 

ポケットカードの借金が払いきれない、このまま利息も含めて払っていくのが厳しいと感じた場合、「債務整理」することが可能です。債務整理は任意整理、個人再生、自己破産の3種類があり、どれをおこなうにしろ債務整理するメリットはあります。

 

ポケットカードの場合は、

  • 長期の分割払いにも対応してくれる(最長10年程度)
  • 過払い金が発生する可能性もある
  • 利息のカットが認められる
  • 滞納していても交渉に応じてもらえる

 

などのメリットがあり、債務整理することで今後の生活のプランが立てやすいといえるでしょう。

 

 ポケットカードは消費者金融系

 

ポケットカードは銀行系ではなく、消費者金融系の扱いなので、専門家である弁護士や司法書士に相談することによって債務整理の交渉は一気にスムーズになります。
迷っている場合は法律の専門家に相談するのが一番でしょう。例えば、今現在滞納している借金がある場合、対応が早ければ早いほど将来的に支払う金額は少なくなります。
ポケットカードは消費者金融系といえど、債務整理の対応には慣れているので通常であれば示談に応じて早期に話しがまとまりますよ。

 

 ポケットカードの借金の過払い金

 

ポケットカードからの借り入れであっても、過払い金が発生する可能性があります。基準は他社と同様に平成19年以前からキャッシング取引があるかどうかです。ファミマTカードや提携カードを利用している場合、自分がポケットカードをずっと利用していたことに気付いていない場合もあるので、自分がポケットカードをいつ頃から利用していたか、よく確認しておく必要はあります。
法律事務所に頼めば無料で調べてもらえるので、気になった場合は調べてもらうのがいいでしょう。過払い金で借金が減るどころか、お金が返ってくる場合もあるのでよくチェックしておきましょう。

 

 ポケットカードの借金を債務整理する方法

 

ポケットカードの借金を債務整理するメリットは多く、もし返済に困っている状況であればすぐにでも債務整理をした方がいいと言えるでしょう。
その場合、消費者金融系のカードは個人での交渉の対応は厳しめなため、法律の専門家に依頼することが最善です。弁護士や司法書士に頼めば、自分が仕事をしている間に交渉が終わっていた。というパターンもあるくらいです。
ポケットカードの債務整理は専門家に頼むことで容易である、と言えます。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら