パチンコやスロットを今すぐ辞めるべき理由

借金に苦しむ人の中で、パチンコやスロットをしている人の割合はとても多いそうです。
別の記事でも書きましたが、ギャンブル依存症で中毒みたいに通い続ける人もいるそうです。

 

しかし、借金返済を目指すうえで、パチンコやスロットはあきらかな毒です。絶対に辞めた方がいいです。

 

借金から解放するうえで力になれたらと思い、今回はパチンコとスロットをやめるべき理由についてお伝えしていきます。

 

 パチンコやスロットに嵌って辞められない人

 

ギャンブルに借金をしてまでしている時点で、それはもう依存症と言ってもいいです。
もし借金をしていなくても、お金の使い方がおかしくなっていたらそれもまた依存症だと言えるでしょう。

 

そして、借金をしても止められない人のほとんどが、「趣味でやっている」という言い訳をします。
他の趣味でもお金はかかるだろう、と。

 

しかし借金をしてまで趣味をやっているのははっきり言って異常なので、今すぐ止めるべきだと断言しておきます。

 

 絶対に勝てないということを知るべき

 

パチンコやスロットをやめられない人は、心のどこかでいつか大勝ちして取り戻せると思っている節があります。
まず、やればやるほどただお金がなくなっていくものだと認識しましょう。

 

そして、パチンコやスロットをやめられない人は、お金を賭けることに快感を覚えているだけで、パチンコやスロットが好きだからやっているわけではないということも強く認識しましょう。
なぜなら、好きでやっているならゲーセンに置いてあるスロットや、アプリでできるスロットで満足できるはずだからです。

 

パチンコやスロットで勝てない理由を説明していきますが、スロットの方が負ける原理がわかりやすいので、スロットを例にして説明します。パチンコも原理は同じです。

 

スロットには設定というものが存在するのがご存知でしょうか。設定が1から6まであり、お店側は開店前であれば自由にその設定をいじれます。
設定によって機械割というものが決まっていて、機種によって差がありますが設定1で96%くらいのものが多いです。

 

例えば機械割が96%のものを一日うったとすれば、10000円が9600円になって返ってくるようにプログラムされています。
なにをどうがんばってもこの設定を覆すことはできません。つまり、設定1の台に座った時点で負けることが確定しているようなものです。
パチンコは釘の設定によって同じようにコントロールされています。

 

つまり、台の調子が良いとか悪いとかそんなの関係ないわけです。もちろん機械割が96%でも、一日だけ見れば勝つこともありますが、長期的に見れば確実に負けます。絶対にです。例外はありません。

 

そして、現状お店においてあるほとんどの台が機会割96%程度の設定1です。
当然ですよね、お店も商売でやっています。お店の高額な電気代や宣伝費用、従業員への給料を支払わないといけません。ですので、どうあがいても勝てるわけがないのです。

 

 絶対に勝てないギャンブルをする意味がない

 

絶対に勝てないギャンブルをしたいと思いますでしょうか?思いませんよね?

 

それならもう答えは決まっています。明日からはギャンブルをやめて、借金があるなら借金返済に全てをかけるのが一番なのです。
そうすれば、ギャンブルを続けるよりもお金持ちになる可能性が開けます。

 

今回は少し厳しい口調になってしまいましたが、なによりも借金の問題を解決して幸せになることが一番大切なのです。
債務整理をして、仕事に打ち込んで、楽しい人生を送りましょう。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら