リボ払いなら毎月の支払額は少ないが元金がほとんど減らない

 リボ払いの落とし穴

 

クレジットカードを持っている人の中で、リボ払いの機能を利用している方。多いと思います。
ここ数年の間にクレジットカード会社が利用を勧めてきた機能で、ショッピングで利用した金額を分割払いで払えるようにする機能です。
リボ払いを利用することにより、毎月の支払額はかなり少なくなり、高い買い物をしても安くなったように錯覚してしまうこともあるほどです。
しかし、リボ払いで毎日の支払い額を少なくすると、利子がかかることもあり、元金はなかなか減っていきません。安くなっているように感じるかもしれませんが、当然利子の分高くなっているのでそこを勘違いしないようにしましょう。
今回はリボ払いと元金についてお伝えしていきます。

 

 リボ払いの特徴

 

リボ払いは所謂分割払いによるローンなわけですが、通常のローンと異なる点は、回数を指定せずに毎月の支払額が一定金額のままという点です。つまり、カード会社に毎月の支払額が5000円と指定されていたら50000円の買い物をしても、100000円の買い物をしても支払う額は5000円です。支払い額が一定という法則があるので、使い過ぎに気付きにくいという特徴があります。
毎月支払っているから、そろそろ支払いが終わるだろうと思っていたら実は元金はほとんど減っていなかった。ということになるのです。

 

 リボ払いの金利

 

リボ払いにした場合、元金にたいして利息が発生します。つまり、実質は借金をしている状態になるのでリボ払いは借金とは違うから安心。という考えは間違いになります。
リボ払いの金利は、キャッシングの金利に比べて少しだけ安いことが多く、15%程度が一般的です。キャッシングより安いからといって安心するのは禁物なので、使いすぎには注意しましょう。

 

 元金が減らないと返済がどんどんきつくなる

 

たしかにリボ払いは急な出費の際は便利です。ただし、継続して利用していると知らず知らずのうちに金額がかさんでいってしまいます。数万円程度の買い物をリボ払いにして二度と利用しないなら問題ありませんが、使えば使うほど利息が占める割合が重くなり、気づけばパンクしてしまう。なんてことにもなりかねません。
使えば使うほど元金が減らなくなっていくことが問題となるので、リボ払いは極力使わないということを意識しましょう。

 

 手遅れになってしまったら

 

リボ払いを利用しすぎて、どうしようもなくなってしまった場合には、債務整理をする必要がでてきます。債務整理には自己破産も含まれていますが、その手前の任意整理をすることで、自己破産までいかず、計画的に借金を支払っていくことが可能です。
債務整理しないに越したことはありませんが、もしどうしようもなくなってしまった場合は早めに法律家に相談するようにして下さい。

 

結論:リボ払いなら毎月の支払額は少ないけど元金がなかなか減らないので注意が必要

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら