生活保護は借金があっても受給可能か?

いきなり結論になりますが、借金があっても、債務整理中であっても、生活保護の受給は可能です。

 

ただし、いろいろな縛りがありますし、一筋縄ではいかないことは事実です。
本来であれば生活保護に頼らず生活していけることが一番ですが、どうしてもという場合は生活保護に頼るのも手段の一つです。

 

 生活保護費で借金の返済は不可能

 

生活保護の申請が通ったとしても、生活保護費で借金の支払いをする行為は禁止されています。
法律的にも常識的にも認められていないので、生活保護費を借金のあてにすることはできません。

 

また、ケースワーカーと呼ばれる、生活保護のアドバイザー的な立ち位置の人に、借金の清算をすすめられる場合があります。
基本的にケースワーカーの言うことには従わなければいけないため、自己破産などをすすめられたら従うようにしましょう。

 

ケースワーカーに従うことが、生活保護を受けるための条件になります。

 

 生活保護中に借金する行為

 

生活保護中に借金をすることは、ほとんど不可能と言ってもいいでしょう。
まず審査に通らないですし、嘘をついて審査に通過したところで、行政にはばれてしまいます。

 

もし借金してお金を借りていることがばれてしまった場合、生活保護の打ち切りを検討されてしまうので絶対にやめましょう。
ばれないと思うかもしれませんが、口座の中身は筒抜け状態になりますし、家の様子や生活スタイルを見られたときにばれる可能性は高いです。

 

リスクとリターンが見合わないといったところでしょうか。生活保護でお金をもらっているのに、借金しなければならないような状態のときは、まずはケースワーカーに相談しましょう。

 

生活保護は、支出だけでなく、収入に関しても厳しく管理される状態です。税金を受け取って生活する立場になるわけなので、これも当然だと思います。

 

 借金はどうやって返していくのがいいのか

 

生活保護を申請する前であれば、働いて返していくのが一番です。債務整理の中でも任意整理で、計画的に返済していく形をとることができます。

 

問題は、借金に関わらず働くことが難しい状態のときです。
そのときはまずは行政の指示に従いましょう。そして、債務整理の中でも自己破産という選択も視野に入れて行動していきましょう。

 

働いて返済できるような状態であれば、そもそも生活保護という考えが浮かばないと思うので、やはり働けないとなると、自己破産しか選択肢がないのです。

 

その場合でも、ケースワーカーの指示に従って、素早く自己破産の手続きをとっていけるようにして下さい。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら