相続による借金問題

借金問題は自分の預かりしらないところでも起きる可能性があるので注意が必要です。場合によっては相続による借金問題も軽視することはできません。安易に相続した結果、それまでまったく予想もしていなかった借金を負ってしまうようなことがないように、相続時における借金問題についても確認しておくことが大切です。

 

相続といえば、大多数の方は遺産を受け取るものを認識していると思います。ですが、法律上の相続は、受け取ることができるのはプラスの資産だけではなく、マイナスの資産も相続できるようになっています。プラスの資産の相続は遺産をもらうことなので税金の面さえクリアできれば経済的に問題はありませんが、マイナスの資産を相続してしまえば、その日からあなたは借金を背負うことになってしまうのです。

 

もちろんですが、そうやって負った借金であっても、返済義務があるのはマイナスの資産を相続してしまった本人です。貸し主からの返済請求が一気に押し寄せるということにもなりかねません。ここではそういった相続による借金トラブルを回避するための知識についてご紹介したいと思います。

 

 相続による借金問題を避けるためには、相続放棄や限定承認が有効

 

相続の際にマイナスの資産があることが判明したならば、相続放棄や限定承認を利用してリスクを回避しましょう。

 

相続放棄とは、プラスにせよマイナスにせよ遺産の相続する権利を放棄することです。もちろんですがプラスの遺産しかない状態で相続するメリットはありません。ただ、相続放棄を使うのが難しいのは、仮に借金と土地家屋などの財産が遺産に同時に含まれているようなケースです。
土地や家屋というものは資産価値がすぐには明確にできない場合がありますし、お金に換えるにも時間がかかります。借金よりも価値がないと思って相続放棄したらじつは数倍の価値があって大損をした、という笑えない話もあります。

 

このようにマイナスの資産とプラスの資産が明確でない場合に役立つ制度が「限定承認」。限定承認は、相続の対象となる遺産がプラスとマイナスのどちらが大きいかの判断がつかない場合に利用すべき相続方法です。限定承認によって相続すると、例えマイナスの資産があっても、プラスの資産の範囲内のマイナス資産までしか相続しないということが可能になるので、相続によって謝金を背負う可能性を無くすことが可能になります。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら