借金の一本化は人的・物的担保がないと難しい

 借金の一本化は大変

 

複数社からの借金で首が回らない状況に陥ってしまったとき、一番初めに思いつくのは「借金の一本化」だと思います。
しかし、借金の一本化は思っているよりもハードルが高く、人的・物的担保がないと難しい場合がほとんどです。支払いを楽にしようと思って一本化するつもりが、余計に手間と時間がかかり、後悔したという人もいるほどです。
今回は借金の一本化についてお伝えしていきます。

 

 借金一本化の際の審査

 

借金を一本化する際の審査は通常の審査より厳しくなる傾向にあります。
その理由の一つが、金額が高額ということがあげられます。一本化を考えているくらいですから、複数社から借り入れをしている状態ですし、金額もそれなりの金額のはずです。数万円ずつでしたらそもそも一本化を検討する必要はありませんよね。
一本化の目的で貸し付ける場合、最初から高額の枠を発行しなければいけないですし、貸す側としては慎重にいかなければいけないのです。審査の内容としては、収入証明などが複数必要になることがほとんどですし、借り入れをしている他社の延滞履歴なども確認されます。もし他社で大きな遅れが発生している場合には一本化であっても断られてしまうのです。
加えて、金額が100万円以上の場合には保証人や物的担保を求められることもあります。もしもの場合に貸す側も備えるというわけですね。
そういった事情があるので、借金一本化の審査は「厳しい」と言えます。

 

 人的・物的担保のデメリット

 

人的・物的担保が必要になるということは、借りる際のハードルが高くなり、当然デメリットも存在します。
まず一番は、家族や会社などにばれてしまう可能性があるということでしょう。
保証人が必要となれば身内にお願いしなければいけないですし、物的保証や証明書が必要な場合は会社に申請しなければならないパターンが考えられます。内緒にしている借金がばれてしまうというのは非常に困りますよね。
もう一つのデメリットが手間がかかるという部分です。保証人をお願いしたりするにも、書類にサインしてもらったり、頼んだりしなければいけません。
そういう意味で人的・物的担保のデメリットは大きいです。

 

 借金一本化のハードル

 

上記の理由があるので、一本化を検討している人は一度自身の状況を見直してみる必要があるでしょう。一本化をするよりも債務整理などをした方が単純に手続きが完了する場合があります。ブラックリストに載ってしまうというマイナス面もありますが、利息を減らして少しずつ返していけるというのはこれからの生活を考えると大きいですよね。
どちらを選ぶかはその人次第ですが、「借金一本化のハードルは高い」ことを知っておいて下さい。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら