詐欺行為に加担クレジットのショッピング枠の現金化にご注意

最近、「ショッピング枠の現金化」「クレジットカードで現金を入手」などと宣伝してお客を集める商売がまかり通っています。
ですが、もしこれを利用してしまうと詐欺行為に加担してしまうどころか、債務整理ができなくなってしまうことにもなるので、絶対に利用しないように注意して下さい。

 

 クレジットカードのショッピング枠の現金化は違法行為

 

「クレジットカードのショッピング枠を現金化する」というサービスは違法です。実際に逮捕者も出ています。その根拠は、貸金業法と出資法の違反。
これがどういう仕組みで、どのように法律に違反しているかをご説明します。

 

クレジットカードのショッピング枠現金化をする業者は、クレジットカードで特定の商品を購入させ、その商品を買い取るという形で「現金化」という違法サービスを請求します。

 

具体的には、Aというサイトで「金の指輪」を20万円で販売し、それをクレジットカード決済で現金化を希望する客に購入をさせます。しかし、その商品は送付されません。「購入した次の瞬間に20万円の指輪を18万円で買い取った」という名目で、サービス利用者に18万円を振込などで送金します。
これは一例ですが、実際にこのような形で行われます。サービスの利用者は2万円の損をし、現金化業者は2万円の利益を手にしています。それでもこのサービスが成り立つのは、2万円を損してでもいますぐ18万円の現金が必要、という人がいるからです。

 

また、このサービスを悪用すると、すべてのクレジットカードをここで使っておき、返済不能なのは承知でその後に自己破産や個人再生をしようとするということも可能です。もちろん、これがばれてしまうと自己破産も個人再生も認められません。

 

さらにこのサービスは提供者も利用者も罰せられる可能性を秘めています。先ほど説明したように、サービス提供者側は実質として金融業者と同じことをしていると見なされます。もちろんですが、金融業者として許可を受けていないので、法律違反で逮捕されるのです。

 

そして、利用者も罪を追求される可能性があります。その罪とは「詐欺罪」。このサービスの仕組みを知っていて利用することは、クレジットカード会社の意図しない形で現金を引き出すのと同じであるため、詐欺として立件される可能性があります。

 

以上を鑑みると、クレジットカードのショッピング枠現金化には絶対に手を出すべきではないということがご理解いただけると思います。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら