多額の借金があっても自殺だけはしてはいけない

借金で首が回らなくなってくると、全てのことに対してネガティブになってきて、もう首を吊るしかないのかなと、自殺が頭をよぎることもあるでしょう。

 

でも、それだけは絶対にやめて下さい。もう一度伝えますが自殺は絶対にだめです。

 

今回は、借金と自殺についてお伝えしていきます。

 

 減少傾向にあるけどまだまだ多い経済難による自殺

 

日本ははっきり言って自殺大国です。年々減ってきているとはいえ、今なお年間2万人以上の人が自殺によりなくなっています。

 

経済難による自殺も減ってきてはいるものの、毎年4000人近くの人が亡くなっています。
これは交通事故で亡くなる人の数とほぼ同じで、かなり多いと言ってもいいでしょう。

 

 死亡保険によって借金を完済するのはNG

 

借金で苦しんでいる人の中には、これ以上周りに迷惑はかけられないから、自殺して保険金で支払いをするというクレイジーな考えに至ってしまった人もいると思います。

 

もしこれを読んでいる人でそういう考えになりそうの人がいたならば、絶対にやめて下さい。
友人の親が借金苦によって自殺しましたが、どう考えても幸せそうではありませんでした。たしかに借金取りに追われることはなくなったようですが、とても悲しそうでした。人が死んで幸せなことなんてありません。
それならまだ借金に苦しんでた方がマシってものです。

 

 完済できないと思い込まない

 

借金をしてしまったのは事実ですから、そこから逃げるのではなくなんとか解決できる方法を探っていきましょう。
多少の苦労はこの際我慢するしかありません。

 

まずは、借金の返済シュミレーションをして、自分はどれくらいの借金があって、どうやって返済していけばいいのか知るべきなのです。

 

スマホで返済シュミレーションと検索すればいろいろなツールが使えるのでやってみて下さい。
そして、その結果を見てどうしたら返済できるのかというのを考えていきましょう。

 

自殺を考えるくらいの状況なら、おそらく金額もかなりのものになっているでしょう。そうなると多少は無理をしないと返済は厳しいでしょう。

 

本業とは別にアルバイトをするなりして、なんとかお金を作っていくしかありません。
これが嫌な人が多いみたいですが、本業とは別の仕事をするのは、意外に気持ち的に楽しかったりしますよ。そこは考え方をプラスに持っていきましょう。

 

 自力での解決が難しい場合

 

前述の通り、理想は計画を立てて無理をしてでも自力で借金を返済していくことです。
ですが、あきらかに自分のがんばりではどうにもならない場合、債務整理をするべきです。

 

債務整理がよくないことだと思う人もいるみたいですが、どう考えても自殺の方がよくないことです。
債務整理はむしろ良いことだと思います。

 

まずは弁護士に相談してみましょう。

 

それ以外にも、行政には生活困窮者に対しての制度がいくつかあります。市役所に相談に行ってみるのもいいと思います。

 

債務整理も行政への相談も、恥に思うことはありません。自殺を考える前に、まずは自分の思考を前に進めていきましょう。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

 

たった3つの質問から具体的な方針を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。手持ちがない方も督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、取り立てストップ、分割払いOK、相談無料の4つの安心です。


無料相談はこちら